投資で老後資金を稼ぐ

老後の生活費はいくら必要?


皆さんは、老後の生活に必要なお金を考えたことがあるでしょうか?

老後の生活に必要なお金とは、高齢になって働けなくなった時に必要な生活費のことを指します。食費や家賃、光熱費、医療費などのことですね。主に年金で賄うという人も多いでしょう。

これらは生きている限り、必要なお金です。働けても働けなくても、必要なお金です。
若くて元気な今との決定的な違いは、身体を使った労働ができなくなってから、必要になるお金です。

老後に必要なお金は投資で稼ごう


ネットなどで調べて貰えばわかりますが、だいたい老後の生活費として必要な資金は、夫婦でおよそ3000万〜4000万と言われています。

それも、余裕資金でなく最低額で、だそうです。
一人分なら、1000万〜2000万円が必要ですね。

退職金や支給される年金を合わせて4000万円。
今現在の、あなたの給料や将来得られるであろう年金から、この金額に到達できるでしょうか?

多くの人の場合、給与からの貯蓄と支給される年金だけでは圧倒的に足りません。

だからこそ、年金が比較的もらえていると言われている今の高齢世帯でも、退職後も肉体労働をして、なんとか生活している人がたくさんいるわけです。

しかも、若い頃と違って、どんどん病気が出てきて、でもたくさんは働けないので、医療費の工面は若い頃より何倍も大変です。
それでも、生きていくためにからだにムチ打って働くのです。

それが、高齢者の貧困問題と呼ばれるもので、皆さんも一度はそれをニュースなどで見たことがあると思います。

投資で稼いで、余裕ある老後をつくろう


若い頃から一生懸命働いて、その間に子育てをして、余暇には遊んで、それからやっとできる貯蓄だけでは、余裕のある老後を過ごせる人はごく僅かなのです。

それを今の高齢貧困問題はしっかりと証明しています。残念ながら、社会保障もまったくあてにはできません。

稼げる人だけが豊かになる。まさに、今の日本は資本主義社会なのです。

では、同じように忙しく働いて、同じように子育ても余暇もしっかりと行い、老後の生活にも余裕がある人、つまり退職後の資産や収入に余裕のある人との違いはなんでしょうか?
どうすればそうなれるでしょうか?

それこそが、僕が皆さんにお伝えしている「早くから投資を始めて、将来の資産と非労働収入を作る」ということなのです。

では、投資をして、投資家として得られる収入と老後とはなんでしょうか?

次回記事では続きとしてそれをお話しします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする