確実に稼ぐインデックス投資のやり方講座

確実に稼ぐインデックス投資のやり方を知ろう


インデックス投資を始めるには、インデックス投資のやりかたを順序だてて知っている必要がありますね。そこでこの記事ではインデックス投資のやり方、始め方を概論として詳細に解説していきます。インデックス投資それぞれのステップで重要な点があるのでしっかりとポイントを押さえましょう。

インデックス投資を始めて、投資を継続する大きな流れは、
1:インデックス投資をする証券口座を開設する
2:インデックス投資の資産配分(ポートフォリオ)を決める
3:ポートフォリオに応じたインデックスファンドを購入する
4:毎月、一定額を積み立て続ける(積み立ての自動設定が可能)
5:インデックスファンドを年に一回リバランスする

このステップが、インデックス投資をうまく行っていく上で欠かせない要素です。それではひとつひとつ、見ていきましょう。

インデックス投資とはどんな投資か?


始めに、インデックス投資とはどのような投資方法なのか、簡単に解説します。インデックス投資とは、主要な経済指標と連動するように運用されているインデックスファンドに対する投資のことです。例えば最も有名な日経平均株価連動型のインデックスファンドであれば、日経225と呼ばれる主要225銘柄の企業へ均等に投資をするので、その平均値は日経平均株価と全く同じになります。個人投資家の資金規模では225銘柄を均等に持つというのは難しいですが、投資信託という投資であれば225銘柄すべてに投資することが可能になります。


その国の株式市場、その国の不動産市場、その国の経済全体、といった具合に個別の銘柄(たとえばトヨタ株やユニクロ株など、企業それぞれの発行している株式)や投資商品ではなく、もっと大きなカテゴリー全体()、そしてそれを示す経済指標に対する投資をするのがインデックス投資です。
インデックス投資についての詳しい解説はこちらから↓↓

インデックス投資の証券口座を開設する


意外と知られていないことですが、インデックス投資に限らず投資を始めるときには証券口座という投資専用の口座が必要になります。投資を行う場合は、証券口座の中に入れたお金を使って株や投資信託などを売買するわけです。

さて、証券口座を開設するときには実際の店舗で証券口座を作る場合と、ネットで手続きをして証券口座を開設するネット証券があります。ネット証券の場合は投資のやり取りを全てネットで完結できるため、店舗に行く手間がありません。そして、積立投資も一度設定すれば後は自動化できるし、設定の変更ももちろんネットからできます。インデックス投資を始める場合は、ネット証券で口座を開設して投資を行うことがポイントです。

なぜなら、ネット証券の方がメリットが大きいからです。まず第一にネット証券は投資にかかる手数料(売買の費用など)が店舗に比べてやすくなります。さらに、インデックス投資を行う上で買うべき投資信託(インデックスファンドは投資信託です)の取り扱い本数が多く、有利なファンドが選びやすいからです。さらに、楽天証券やSBI証券など多くのネット証券は口座開設をするだけ、さまざまな情報サービスを無料で利用でき、投資家向けのセミナーなども開催されています。

これらの点から、インデックス投資はもちろん今後投資を始める場合はネット証券で投資を行うことを強くおススメします。

インデックス投資の資産配分を決める

資産配分とはなんでしょうか?資産配分(専門用語でアセットアロケーション)とは、投資家かるリスク分散を図りつつ、長期的に目標リターン(投資によって得られる収入)の獲得を目指すために資金を複数の資産クラス(株式や債券など投資先の種別)に配分することを言います。アセットアロケーションは、ポートフォリオ運用で最も重要な決定事項のひとつで、さまざまな方法が提唱されていますが、決まった方法はありません。また、投資家ごとの運用目標やリスク許容度によっても最適なアセットアロケーションは異なります。

金融の世界では、投資の成果は「資産配分でほとんどが決まってしまう」とされています。つまり、投資の選択や投資のタイミングではなく、資産の配分が何より重要になるのです。これまでは、安い時に買い、高いときに売るという「投資タイミング」が重んじられてきました。しかし、インデックス投資では資産をうまく配分し、期待されるリターン、そしてリスクをコントロールしていくかが大切なのです。

国や地域、そして資産の種類によって期待されるリターン、そしてリスクは異なります。インデックス投資では株式と債券という値動きが違う資産クラスを組み合わせることによって分散効果が働き、期待リターンはそれほど下げず、リスクを効果的に下げることができます。リスクを効果的に下げ、期待リターンがあまり下がらないような資産クラスの組み合わせについては、また別の記事で紹介していきます。

インデックスファンドを購入する


証券口座をネットで解説し、買うべき資産クラス(株式や債券など資産の種類)と資産配分が決まったらいよいよ、ネット証券でインデックスファンドを購入します。証券口座に入金さえすれば、インデックスファンドはいつでも購入できます。また買う時に自動積立登録をすれば毎月決まった額の分だけ自動的にインデックスファンドが買われ、積立投資をしていくことができます。もちろん、途中で額を変更したり、必要に応じて自動積立を解除することもできます。

また、自動積立とは別に臨時で買い増しすることもできます。これをスポット購入と言います。この機能によって、ボーナスが入って資金に余裕があったり、あまりお金を使わなかった月に余分に積み立てをすることがパソコンやスマホから簡単にできます。臨時で買うのに店舗に行かなければならない場合は面倒で行かなくても、ネットですぐにできるのなら、スポット購入もしやすくなり、さらに積極的に投資額が増やせるでしょう。このスピーディーさ、手軽さが投資でネット証券を使う大きなメリットの一つです。

インデックスファンドを毎月積み立て続ける


インデックスファンドを無事購入することができたら、次は自動積立設定です。インデックス投資の重要な点は継続的にインデックスファンドの買い増しを続けることで、運用額を少しずつ大きくしていき、得られる利益を効率的に大きくしていくことです。そして、継続的の積み立て・買い増し続けることの狙いはもうひとつあります。それは「ドルコスト平均法」というテクニックを用いることです。

ドルコスト平均法は、じっくり資産形成する人に最適な投資法で、インデックス投資の要とも言えます。ドルコスト平均法とはどんな投資法かというと、たとえば「投資信託を毎月25日に1万円分ずつ購入」といったルールで、決まった金額を定期的に投資していく投資法です。投資信託が安いときにはたくさん購入でき、高いときには少なく購入できるため、平均購入単価を抑えられるのが特徴です。ファンドの平均単価を低く抑えることで投資コストを低減することで、インデックス投資にかかる運用コストを効果的に抑えることができるのです。

ドルコスト平均法には他にも、投資の継続がしやすいことなど多くのメリットがありますが、またそれは別の記事で詳しく解説していきます。ここでお伝えしたいことは、自動で積み立てる仕組みを構築してファンドを継続的に購入し続けることです。ドルコスト平均法の実践はとても簡単です。先にも触れましたが、ファンドを買う時に自動積立で毎月の購入金額さえ決めて登録しておけばあとは何もしなくても自動的に毎月購入されていきます。なお、引き落としの時期はネット証券によって違うので証券会社個別で確認しておきましょう。

インデックス投資では定期的なリバランスを行う


基本的に、決まった資産クラスと資産配分で、自動で積立していくという「ほったらかし」で済んでしまうインデックス投資ですが、年に一度程度は「リバランス」という作業が必要です。「リバランス」とは、当初決めた資産配分と比較して、これまで運用していく中で崩れてきた配分を所定の配分に戻す作業のことです。このバランスが崩れたまま運用し続けていくと、知らぬ間に大きなリスクを負ってしまうこともあるのです。

リバランスのファーストステップは、現時点での資産配分を計算して、各資産クラスの比率を出すことです。比率より値上がりしたインデックスファンドを売却し、逆に値下がりした分は買い増します。それにより、当初決めた資産配分に戻すことができるのです。少し手間のかかる作業ですが、年末年始など時間があるタイミングを見計らって、年に一度程度は行っておきましょう。運用していくと、資産配分に動きがなく、リバランスが必要ないことも珍しくありません。ただ、リーマン・ショックのような大きな相場変動が起こる可能性を考えると、数年以上ほったらかすのはリスクが高いです。

インデックス投資のやり方は難しくない


以上、ネット証券の解説から自動積立設定まで、インデックス投資のやり方を大きなステップに分けて解説しました。投資といえばなんだか複雑で難しそうというイメージが強いですが、これを読んで意外と投資のハードルは低いと思えたのではないでしょうか?投資に限らず初めてやることは、なかなか取り組み始めるまでが難しいということがありますが、具体的なステップさえ言葉で理解できれば始めることは簡単に思えます。それは、行動のイメージが具体的で明確になるからです。さぁ、あなたもまずはネット証券を無料で開設することから、インデックス投資を始めていきましょう。インデックス投資は長期的に運用することではじめて大きな資産形成が期待できます。ですから今からインデックス投資を始めることが、時間という大きな武器を最大の力で使える大きなチャンスなのです。