老後の生活費と収入はインデックス長期投資で用意する

老後の生活は長期のインデックス投資で支えよう


あなたは老後に必要な生活費がいくらかかるのか、調べたことがありますか?それとも、老後の生活などずっと先の話でまだ考える必要はないと感じていますか?老後に必要な生活費の金額は諸説ありますが、概算として2人以上の世帯で世帯主が60歳以上の高齢無職世帯の支出の平均は、「世帯主の年齢階級別家計支出(二人以上の世帯)-2015年-」(総務省統計局)によると、

60~64歳 月27万6620円
65~69歳 月27万5872円
70~74歳 月24万8122円
75歳以上 月22万7266円
全体平均 月24万7815円
となっています。

その内約は、

2015年の高齢夫婦無職世帯の家計収支の平均値を見てみると、60歳以上の高齢無職世帯の場合、夫婦2人の場合で、

  • 食費=6万2432円
  • 住居費=1万7500円
  • 光熱費=2万385円
  • 交通費・通信費=2万286円
  • 交際費=3万484円
  • 医療費=1万5405円
  • 教養娯楽費=2万6066円

となっています。

この数字を見てみると、ざっくりと老後の生活費は一人当たり約25万円程度は必要なようです。約25万円というと30代会社員の平均的な給与と同じです。ちなみにわたしも30代ですから、この数字はけして他人事ではありません。そして、このブログを読んでいる多くの方が当てはまるのではないでしょうか?さて、老後の生活に必要とされるこの生活費25万円は、老後を迎えた時の公的年金だけで賄えるでしょうか?答えは、多くの労働世帯が各メディアやあるいは、今の自分の生活感覚で感じている通り、無理でしょう。

年金では賄えるどころか、今後は年金の受給額はさらに減っていく方向にあり、将来的には年金は無支給、もっといえば年金制度自体が破綻なんてことも十分にあり得ます。今でさえ、年金をめぐる支給額などの問題は多くあります。今の現状を見る限り、国に頼り切るのはあまりにも危険です。

そのときあなたはどうしますか?必ず訪れる老後のために、今から行動してインデックス長期投資で今から資産運用をすることで資産を増やし、同時にインデックス投資によって年を取って肉体労働ができなくなっても、安定した収入が得られる術を身につけておくのです。肉体労働をしなくてもお金を稼ぐスキルを持つことはとても大事です。人生ではいつ病気になったりケガをして動けなくなるかわかりません。そんな時にも投資のスキルは必要なのです。

今からインデックス投資を始めれば、老後のための生活資金や余裕資金を作ることは可能です。インデックス投資を学び、その内容を知れば将来の生活不安も大きく減らすことができるでしょう。

公的年金だけで老後の生活はできるのか


老後の収入といえば、公的年金を思い浮かべる人が多いと思います。公的年金とは、「年金保険」ともいい、実は国の運営する保険の一種です。これ、意外と知らない人も多いのです。年金はなにかこう、誰もが納めなければならない一種の税金と感じている人もいます。

この年金保険、現役時代の労働収入から毎月一定額の保険料を支払い、その保険料を原資(資金)として将来の一定期間、お金を受け取れるというものが基本です。代表的なものが「公的年金」と言われる「国民年金」やサラリーマンが加入する「厚生年金」などに当たるわけですが、これ以外にも様々な年金があります。国が運営するもの以外でも民間の保険会社が提供している年金(私的年金保険)という金融商品も存在します。

こういった国の運営する老後のための保険制度はあるにはありますが、いまや年金だけでは安心した老後生活は難しいと言われている時代です。それに実際には、何歳になっても幸福な人生を生きるためには娯楽や趣味は必要ですから、ただご飯が食べれて寝るところがあって、着る服があればよいというものでもないでしょう。そしてなにか楽しみなことをするにはほとんどの場合、お金が必要だと思います。

では、年金や退職金、貯蓄のほかに、老後になってからも安定した収入を得ることは可能なのでしょうか。もちろんあります。その手段のひとつがインデックス投資なのです。老齢になっても働ける体力があれば肉体労働も可能ですが…この点に関しては次章で詳しく書いていきます。

老後も働いて収入を得る方法もあるが…


仕事を退職しても、自分の身体が健康であれば働き続けることができます。たとえ、月に数万円の収入でも、高齢になっても収入があるというのは大きな助けになります。また、生活意識に張りが出て、労働を通して人と関わることで、年齢を感じず若々しく過ごせるというメリットもあります。

単に外に働きに出るだけでなく、在宅で趣味や特技を生かして収入を得ることも可能です。株式投資も一応この部類に入りますね。ただし、ここで勧めるインデックス投資というのは趣味というよりも完全に収入の本柱としてですが。趣味を活かす例としては、たとえば洋裁が趣味なら手作りの洋服や小物を販売し、売れた分だけ手数料を差し引いて収入にできるお店もありますし、ネット販売できるサイトも数多くあります。そのほかに自宅で工芸や料理、書道や絵画などを教えるビジネスを始めても良いでしょう。

ただし、こう言った方法でお金を稼ぐには専門的な知識スキル・経験はもちろん、お客さんを集めたりお店を宣伝するという商売のスキルが必要ですし、たとえそれができても商売が軌道に乗るとも限りません。そして、年齢を重ねてそれだけの仕事をこなす体力があるかどうかが疑問に残ります。もちろん、専門知識やスキルを売りにするのではなく、軽作業や警備員などのアルバイトで身体を張って稼ぐことはできますが、稼げるお金と体力には限界があり、もちろん年齢的に仕事の種類も限られるので、問題点も多くあります。

働かなくてもお金が入る「不労所得」


前掲したように、老後は肉体が衰えて体力も落ちますので、いずれ働くことも難しくなります。そうなると、働かなくても収入を得る方法、いわゆる「不労所得」が収入の候補に挙がります。不労所得の代表的なものは、マンションやアパートを持ち、家賃などの不動産所得を得る方法です。超低金利の現代で、大金を何年も預けていても預貯金の利息はほとんど付かないため、不動産投資をして配当金や株主優待を得て生活を豊かにしている人もいます。ただ、不動産投資は初期投資額がとても大きく、初心者には継続して利益を上げることが難しいためハードルもリスクも格段に高いのでおすすめできません。

これらの不労所得を得るには、その元となる不動産や株を購入する資金が必要ですが、それを元に長期にわたって収入を得ることができれば、老後の生活への不安も少なくなるでしょう。
もちろん、投資がうまくできれば不安がなくなるどころか豊かな生活を送ることができます。そして、わたしが推奨するインデックス投資は老後の豊かな生活を目指すものなのです。

老後の生活資金はインデックス投資から得る


20代・30代あるいは40代いう若い時期は、仕事や家庭に最も忙しい時期といえます。その時から毎月お金を積み立て(毎月インデックスファンドを買い続ける)、20年・30年という長期でインデックスファンドを運用し続けることに成功すれば、60代や70代という高齢期に差し掛かった時に、2000~3000万円の資産が形成できていることは決して無理なことではありません。この資産があれば、たとえ仕事を退職したり病気などで続けられなくなったとしても、年金や退職金と合わせて、投資で形成した資産を少しずつ取り崩していけば余裕を持って生活することができるでしょう。

「人生100年時代」と言われるように、私たちの世代は、以前よりずっと老後の生活が長くなります。たとえ、年金や退職金だけでなんとか生活できたとしても、老後の生活は長く何があるかわかりません。老齢期を迎えてさらに年を取っていけば、病気になったり介護施設にいる期間が長くなるので、もっとお金が必要になります。そして老後であっても楽しいこと・娯楽ができず、毎日のように生活費や医療費に悩む人生は長く辛いものになってしまいます。

60代が老齢期の始まりだとすれば、100歳まで生きるとすれば残りの時間は40年もあります。しかし、60代や70代の時点で2000万・3000万円の資産があれば資産を取り崩しながら、さらにその資産を資金として運用を続けて、資産を増やし続けて、80代や90代という時期にも余裕を持った暮らしができる安心を得ることができます。このようなことを考えればわたしたち「人生100年世代」は、老後のさらに後まで、投資をしていく必要性があるのです。そしてそれは老後ではなく、今から始めなければなりません。

確実に稼ぐインデックス投資を今から始める


老後のための最低限の生活資金や、それに加えて趣味などの楽しく豊かに暮らすためのお金は貯蓄や退職金・年金だけでは、よほど収入が大きい人でなければ賄えません。それでは、どうやって働きながらお金を増やしていけばいいのか。そして、そんな方法があるのか。

その答えこそが、私のおすすめしているインデックス投資です。インデックス投資は投資スタート時の資金が小さくとも、長期間の運用と継続した積み立てができればリスクを効果的に抑えつつ、大きな額の資産形成が高確率でできる投資手法です。インデックス投資において最も重要なのは「長期間運用すること」です。ですから、今すぐに始めてるが良いでしょう。良く投資を始めるタイミングについて悩む人がいますが、インデックス投資を始める一番のタイミングは、人生の残り時間が最も長い「今」なのです。

インデックス投資のやりかたを開設した記事はこちら