インデックス投資におすすめの2つの証券会社

インデックス投資で稼ぐ第一歩は適切な証券会社を選ぶことから


ひとつ質問です。みなさんはインデックス投資を行っていますか?このブログをお読みの方なら、もうすでに始めている、あるいは証券口座を作って口座に入金して、さぁ今からインデックスファンド(投資信託)を買うぞと意気込んでいるのかもしれません。

一口に投資といってもいろいろあります。そのなかで投資と言ったら投資信託、株式投資、FXを思い浮かべる方も多いと思いますが、最近よく耳にする「つみたてNISA」や「iDeCo」も投資信託に投資するので投資に入ります。

このブログでお話する中心はインデックス投資ですが、どの投資を始めるにしても、まずは証券口座を開設しなければ、どんな投資も行うことができません。そして投資でお金を稼ぐならどの証券会社をどのように使うかで結果は大きく変わります。

そこで、証券口座を開設するにあたり、イチから口座開設をする流れ、そしてわたしのオススメする証券会社2社を紹介します。どれもおすすめの証券会社ですが、各社の強み・特徴が違いますのでよく検討して選ばれるとよいと思います。

インデックス投資で証券口座を開設するなら「ネット証券」が断然お得!


証券会社と聞いて、みなさんはどの会社を思い浮かべるでしょうか。マネックス証券やSBI証券、ネットショッピングでは誰もが知る楽天が経営する、楽天証券もありますね。銀行のある三菱UFJやみずほ、また野村證券などはCMなどもたくさんやっていて良く目にしますが、今回わたしがオススメするのは、いわゆるネット証券です。

なぜネット証券がおすすめかというと、金融商品の買付手数料が安く、お得だからです。投資信託でも株式投資でも金融商品の売買には手数料がかかり、売買の回数や売買の額でその料金はまちまちであり、このコストを減らすことは投資で稼ぐ上で不可欠な要素です。毎月、インデックスファンドを買い付けるインデックス投資においては購入時手数料や信託報酬をいかに安く抑えるかは必須のポイントです。

また、ネット証券の利点として、インターネットから簡単に申込みすることができ、口座開設や取引金額に応じたキャッシュバックキャンペーンなど多くのネット証券が行なっています。キャッシュバックの金額は数千円から数万円まで幅広くありますが、口座開設後に入金したり、一定額の商品取引でもらえるものもあり、大変メリットがあります。

それではインデックス投資において、複数あるネット証券からどこを基準に選べばよいかというと、「取り扱っている投資信託の多さ」やさっき話した「売買手数料」です。せっかく証券口座を開設しても、購入したい商品が無くては意味がないので、取扱商品の多さや、買付を行いたい商品を扱っているかは事前に調べておくことが重要です。とくにインデックスファンドやETFなどの商品あるいは、海外株などは会社によって取り扱いの幅も大きく違うのでよく確認することが大事です。また、買付手数料も各社での手数料の差が少しの差であっても、取引回数を重ねたりや、インデックスファンドなど長期的に商品を運用したりするのであれば、金額差は大きく変わってきますので、できるだけコストが安いところを選ぶことも重要です。インデックス投資においては数十年という期間が運用期間となるので、投資にかかるランニングコストはインデックス投資の要とも言えます。

インデックス投資の証券口座を開設する流れ


1、開設したい証券会社のホームページより口座開設の申し込み

証券会社から口座を開設したい場合は、まずは開設を行いたい証券会社のホームページを開き、ホームページ内にある「口座開設」のボタンから、必要な情報を入力し申込みを行うことができます。

必要な情報は氏名や生年月日、現住所など本人の確認を行うために必要な情報を入力します。ここで間違いがあったりするとスムーズに登録が進まなくて時間がかかってしまうので、正確な情報を入力してすばやく終えましょう。

2、運転免許証など本人確認書類、マイナンバーなど必要情報を提出

口座開設の申込を行った後、証券会社によっては異なることもありますが、ほとんどのネット証券ではそのままホームページ上で、マイナンバーと本人確認書類の送付の設定を行います。

送付方法は、スマートフォンで撮影したデータをホームページ上に「アップロード」、または「メール」を利用しての送信、その他に写しをコピーしたものを「郵送」する3つのパターンが主流です。

メールを利用する、郵送するという手順もありますが、一番おすすめはやはり書類をアップロードする方法です。郵送でのやり取りは早くても2週間ほどかかりますし、紙の書類に不備があるとふたたび送りなおしてと大変時間を取ります。その点、直接アップロードならその場で申し込みが完了、即日に登録書類が送れます。注意点として、免許証やマイナンバーカードをカメラで撮るときは影や不鮮明に注意してください。本人確認する書類なので、少しでも不鮮明だったりすると登録ができません。できるだけ撮影する環境を整えてハッキリと撮ると一発で済みます。

本人確認書類の上手な撮りかたのコツ

3、ログインID、パスワードの案内が届いたら口座開設完了

ここまで完了したら、あとは証券会社の方で書類を確認後、ログインID、パスワードのご案内が届きますので、届きましたら口座開設完了です。ちなみにこの書類は本人受け取りしかできないのでここも注意が必要です。あとは開設した口座に、入出金先となる銀行口座の登録と、商品の購入資金を入金すれば取引を行うことができます。入出金先となる銀行口座はインターネットバンクを開設しておくとスムーズに登録と入金を行えるので、口座開設完了までにインターネットバンクも準備しておきましょう。楽天証券やSBI証券の場合は証券口座の開設時に提携するネット銀行の同時開設も案内されるので、そのまま銀行口座も開設すると楽ですね。また楽天証券は楽天銀行と連携して資金管理ができるサービスであるマネーブリッジもあって便利です。

インデックス投資の口座を2つのネット証券から選ぼう


さて、最後にオススメの証券会社になりますが、買付手数料、取扱商品数、システムの使いやすさを検討し、今回は下記の2社をピックアップいたしました。どうぞ参考にしてみてください。証券会社によって取扱商品やサービスの使いやすさも異なり、口座開設は無料で行うことができますので、複数口座を開いて自分に合った証券口座を選ぶのもいいですね。ちなみに、わたしは楽天証券を使っています。SBI証券も口座がありますが、メインとして楽天証券を使っています。

SBI証券

SBI証券の魅力は?

・投資信託の取扱い数がネット証券トップクラスである
・投資信託の保有で楽天スーパーポイントが貯まる
・投信保有額に応じて現物取引手数料も安くなる

SBI証券は投資信託の取扱い数トップです。トータルリターン(最終的に受け取れる利益)がプラスの銘柄数も多く、大きな実力を発揮しています。また楽天証券と同じく銀行連携でらくらく投資信託の積立ができる点もいいですね。なお積立は100円から始めることができるのでお小遣い感覚で気軽にインデックス投資を始めることができます。

楽天証券

楽天証券の魅力は?

・投資の取引をしながら楽天ポイントが貯まる
楽天証券で投資の取引額に応じて楽天グループで使える「楽天スーパーポイント」が貰えることを始めとして様々なサービスを受け取る事ができます。

・優遇金利が受けられる楽天マネーブリッジ
楽天銀行と楽天証券の連携サービスは「マネーブリッジ」と言われ、いくつかのサービスの集合体となりますが、なんといっても嬉しいのが、利用するだけで「楽天銀行にあずけている預金金利が5倍になります」と言うサービスです。

・金融商品の売買手数料がお得

楽天証券はSBI証券と同じく、「国内株の売買手数料無料」「海外取扱ETFの買付手数料が実質0円」を実施しています。手数料が安いネット証券とは言え、手数料は経費になるので無料なのは嬉しいですよね。また楽天証券にはNISAにピッタリの商品「ポイント投資(楽天スーパーポイントで投信が購入できる)」などもありますので楽天証券のNISA口座であれば幅広い投資スタイルにも対応できます。

楽天証券とSBI証券は、お互いに競い合うようにしてサービスを高めてきており、他の金融機関と比べて相対的に高いレベルにあり、今後もある程度安心してインデックス投資に活用できると思います。大手証券や銀行は、窓口でのコンサルティング(相談)を売りにすることが多いですが、顧客の資産形成に役立つアドバイスをできているかは甚だ疑問です。野村証券で、日本の確定拠出年金(iDeCoのこと)の投資教育やDCファンドの低コスト化に尽力した大江英樹氏は、「証券会社・銀行の窓口や外回り営業担当は、『販売のプロ』であって『運用のプロ』や『アドバイスのプロ』ではない」と喝破しています(出所・日本経済新聞電子版2014年3月11日「権威に弱い投資家心理『金融機関=プロ』を疑え」より)。

インデックス投資にロボアドバイザーは向かない


銀行や証券会社が信用できないならば、ロボアドバイザーはどうでしょうか?販売員の成績に左右されない中立公平なアドバイスが期待できるでしょうか?使われている多くの投資商品は、低コストのインデックスファンドやETFです。しかし、これは別な観点からおすすめできません。なぜなら、投資商品の運用コストとは別にロボアドバイザー会社が徴収する手数料が、保有資産金額の年間1.0%とべらぼうに高いからです。

年間1.0%というのは、高くないように思えるかもしれませんが、これは、わたしたちインデックス投資家から見るとこの15年間で運用会社間の競争により少しずつ低減化されてきたインデックスファンドの値下げ分を、全部捨てるレベルの高コストです。しかもこれは、投資家の知識と経験が高まっても、毎年必ず取られ続ける手数料です。資産配分の決め方がざっくりと理解でき、年に一回程度のリバランスができる方であれば、ロボアドバイザーはおすすめできません。

自分に合ったインデックス投資の証券口座を見つける方法

インデックス投資でお金を稼ぐにあたり、自分の目的に合った適切で効果的な証券口座を選ぶことはとても重要なことです。

しかし、はじめのうちは、投資にかかる売買の頻度や手数料はわからないことも多いでしょう。


そこで、おすすめしたいのは複数の証券口座を作ってみることです。一度作った証券口座は、その維持費もかからないし、維持するために必ずなにか取引する必要も特にありません。作るだけ作って取引しないこともアリなのです。

また多くの証券会社は口座を開設するだけで、各社の投資ツールや投資情報を見れるようになります。そのためだけに口座を開設して、その証券会社の投資ツールや情報を比較するのもよいでしょう。実際にわたしもそうしています。

そうして、比較してみて使ってみて使い勝手を比べて自分にあった口座を見つけていけば、自分に一番適切な証券会社の口座は決まっていきます。