投資信託の成功は早く始めること

投資で稼ぐには早く始めて時間を味方にすること


投資で稼ぐために絶対的に有利な点は、なるべく早くから投資を始めることです。これは、誰にでもできてかつ、絶大な投資法です。投資の理想を言えば、10代の頃から始めればとても有利です。10代で始めるには、資金がどうしても問題になってきますが、アルバイトなどをして資金を作り、投資していく価値は余りあるほどにあります。

このブログで教えている投資信託による投資法は、長期投資です。ですから、投資で大きな富を築くにはまず絶対的に年単位の時間が必要です。そして、長期的な投資をする上での正しい知識、マインドセットが必要です。

稼げる投資家になって大きな富を得るには、早くから株式投資を始めるのが絶対的に有利なポイントです。

伝説の投資家も「投資で稼ぐには時間を見方にせよ」と言っている


すでに何度もこのブログに登場しているウォーレン・バフェット氏に並ぶ、アメリカの伝説の投資家ピーター・リンチ氏。

そのリンチ氏もまた「投資で成功したければ時間を味方にせよ」と彼の多くの著書で言います。できるだけ若い時から投資を始めれば、長期間に渡って腰を落ち着けた投資ができるといいます。もちろん、投資の経験も大きく積むことができます。

日本では、お金や投資に関する話を人前でするのは、はばかられるような、嫌がられるような雰囲気があります。投資などの話はなんとなく話しにくい雰囲気です。そのため、教育の現場で投資を教えるなどもってのほかというのが常識でした。お金の知識に関する本はたくさん書店に並ぶようになりましたが、まだまだ教育の現場ではその雰囲気は根強く残っていますね。

一方、欧米では株式投資をなんと小学生の時から教えています。投資を通じ、会社の仕組みや経済について学ばせるのです。お金に関する教育は日本とはまったく対照的ですね。

早くから投資を始めることで投資の抵抗感を減らす


アメリカでは小学生の時から投資の授業をしているため、欧米では株に対する抵抗感が小さく、若いときから投資にチャレンジしている投資家もたくさんいます。逆に80歳、90歳から投資を始めて、10年先、20年先を見越して投資を運用するのは難しいものです。ちなみにアメリカでは年金制度も日本と違い、若いころから積み立てて、そのお金を運用して老後資金を運用するという方式が一般的です。

20代、あるいは10代後半からスタートすれば長期的な投資が可能になり、投資による少々の失敗を取り戻すチャンスが多くなります。投資を始めるのは若ければ若いほど良いのです。果実が実るまでの時間が長いほど、得られる富は大きくなるのです。正しい投資を長期にわたって継続できれば、投資で成功する確率はより高まるというわけです。

わたしも、このことは本当にそう実感しています。正直言って、もっと早くに長期投資を始めていればと悔しく感じることもあります。今、株を始めることに迷っている人は、ぜひ思い切って始めてみてください。きちんとした順序で学び、実践すれば必ず「始めて良かった」と思えます。

お金よりも大事なのが時間


こうしている間にも、人生で残された時間は確実に減っていきます。お金はこの先の努力次第でいくらでも稼げますが、時間は絶対的に元に戻らず買うこともできません。いくらお金がたくさんあっても使う時間がなければまったく意味がありません。お金と時間がたくさんあっても、歳をとりすぎていては楽しんで使うこともできにくくなります。

だからこそ、早くから時間をかけて投資を始めることが重要なのです。実は本当に大事なのはお金ではなく、時間なのです。今この瞬間から投資を始めること、これが最も重要なことなのです。

投資信託を始めるためのステップ


投資信託は早くから始めることがとても重要です。投資信託を始めるためにはまず、投資用の証券口座を開設する必要があり、手数料や扱っている投資商品などがそれぞれちがうため、証券口座の選び方も大事です。また、投資信託という金融商品も今現在で販売されている商品は6000本以上と言われています。その膨大な数から自分にあった投資信託を選ぶにはそのための知識も必要です。