仕事や家事で忙しい人でもできる、長期投資、インデックス投資の方法をイチから解説します。

  1. インデックス投資
  2. 14 view

インデックス投資のインデックスファンドとは?

インデックスファンドの特徴を知ることが投資のスタート

インデックス投資とは、インデックスファンドという投資信託を長期間にわたって積み立て・運用していく投資手法です。

インデックス投資は、一度ファンドや積み立て金額を設定してしまえばほとんど作業のいらない便利な投資法ですが、投資内容や投資手法についての事前の理解はとても大切です。

インデックス投資について知っておくべきことはいくつかありますが、今回はそもそも「インデックスファンドはとはなにか?」について、詳しく解説していきます。

インデックスファンドとは特定の指標と同じ動きをする投資信託

インデックスファンドは、投資信託の一つです。投資信託は、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品」です。投資家は専門家に自分の資金を預けて投資をしてもらい、うまくいけば利益がでます。

「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。運用方針は例えば日本国内の株式に投資するとか、発展途上国の再建に投資するとか、いろいろなパターンがります。

インデックスファンドの指標には、日経平均株価やNYダウといったおなじみの「株式指数」や、NOMURA-BPI 総合のような「債券指数」などが使われます。
こうした基準となる指標は、その投資信託の「ベンチマーク」と呼ばれます。

インデックスファンドとは、特定の指標(インデックス)と同じ値動きするよう運用される投資信託のことです。「インデックス型投資信託」や「パッシブファンド」と呼ばれることもあります。また、インデックスファンド以外の投資信託は、「アクティブファンド」と呼ばれます。

インデックスファンドは投資の値動きを投資先の値動きにぴったり合うように調整していきますが、「アクティブファンド」は市場の平均を上回る利益を積極的(=アクティブ)に狙うために、アクティブファンドと呼ばれます。

それでは次に、インデックスファンドの特徴についてふたつ、書いていきます。二つの違いは主に①運用コストの安さと、②分散投資です。

【インデックスファンドの特徴①】

 

運用コスト(信託報酬)が安いこと
インデックスファンドで重要な特徴は、運用コストが安いことです。これは、インデックス投資の根幹の特徴です。

投資信託は、購入手数料や換金手数料のほか、保有しているだけで「信託報酬」というコストがかかってきます。

信託報酬は、購入手数料のように投資家が直接支払うコストではありませんが、投資信託の資産の中から間接的に支払われます。
つまり、信託報酬が高い投資信託は、その分、基準価格も上がりにくくなります。

信託報酬は、投資信託を運営するためのコストです。売買委託手数料や運用報告書の作成費用といった費用のほか、ファンドマネージャーの報酬や銘柄の調査費用などに当てられます。
つまり、信託報酬は運用するファンドマネージャーがもらう報酬です。そしてファンドが値上がりしようがしまいが、信託報酬はかならずかかります。

しかし、インデックスファンドは、ベンチマークに連動することを目指しているので、保有すべき銘柄とその量は計算により自動的に決まります。
高額な報酬を求めるファンドマネージャーも調査費用も一切必要ありません。その分、いわゆるアクティブファンドより、遥かに運用コストを抑えることができます。

【インデックスファンドの特徴②】

「投資信託は市場全体にバランスよく分散投資ができる」といっても、まだまだピンとこないと思います。ここからは具体的に例を出して解説していきます。

バランス良く市場全体に分散投資ができる
投資信託の値動きを特定の指標(例えば日経平均株価など)と同じにするには、指標を構成する銘柄を、すべて同じ比率で保有することが必要となります。
厳密には一部先物などで保有している場合もありますが、原則的には「インデックスファンドの構成銘柄と構成比率=指標の構成銘柄と構成比率」となります。

具体的に「<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド」という実際にあるインデックスファンドで考えてみましょう。

「<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド」であれば、日経平均採用銘柄である225社の株を、日経平均株価と同じ割合で保有しています。
そうすることで、自動的に日経平均株価とまったく同じ値動きとなります。

株式指数や債券指数といった指標は、できるだけその市場全体の値動きを表すように構成銘柄と保有比率が決められます。
例えば、日経平均株価であれば東証1部上場の銘柄のうち代表的な225社の株価を、TOPIXであれば東証1部に上場するすべての銘柄の株価を元に計算されます。

つまり、日経平均連動型やTOPIX連動型のインデックスファンドをひとつ持っていれば、それだけで東証1部全体をバランス良く分散投資することができるということになります。
言い換えれば、「投資信託ひとつで、東証1部全体を丸ごと保有できる」と言ってもいいでしょう。

中には、たった1本で世界中の株式市場に分散投資できるインデックスファンドもあります。

例えば、「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド」は、「MSCI ACワールド指数」をベンチマークとしたインデックスファンドで、アメリカやイギリス、フランスといった経済先進国から、中国、インド、ブラジルといった経済新興国まで、世界中の国の株にバランス良く分散投資ができます。

これら全世界型の商品の良いところは、投資信託を複数所有せずに一つの投資信託だけでまとめて世界中に投資ができることです。

インデックス投資は世界中で評価されている

「投資信託ひとつで、市場全体にバランス良く分散投資が出来る」「低コスト」というインデックスファンドの2つのメリットを最大限に活かす投資法方法が「インデックス投資」です。インデックス投資をひと言で説明すると、「インデックスファンドを使って世界中に分散投資し、長期保有することで利益を狙う投資法」となる。

インデックス投資は、投資初心者でも簡単に実践でき、一見シンプル投資法に見えます。しかし、実はノーベル経済学賞を受賞した高度な経済理論がベースとなっており、非常に優れた投資法と世界中で評価されています。

インデックス投資についての著名な著書としてバートン・マルキールが著した「ウォール街のランダム・ウォーカー」という本があるので、興味のある方は読んでみるとよいでしょう。

 

投資信託による長期投資はアメリカでは昔からスタンダードな投資手法となってします。
実際、多くのアメリカでは大多数の人が投資信託を保有し、老後資金などの目的で若い年齢から運用しています。

インデックスファンドの種類と代表的なインデックスファンド

インデックスファンドは、株式や債券など投資先の種類(資産クラス)やベンチマークとする指標(指数)によって分類されます。
インデックスファンドで使われる代表的な指数をいまにまとめてみました。

同じ資産クラス、あるいは同じ指数をベンチマークとするインデックスファンドは、何種類も存在します。

特にここ数年、低コストで魅力的なインデックスファンドが増加しています。例えば、日経平均連動型の代表的なインデックスファンドだけでも、次のように数多くつくられているます。

【日経平均株価(日経225)に連動する主なインデックスファンド】
・<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド
・eMAXIS Slim国内株式(日経平均)
・たわらノーロード 日経225
・SMT 日経225インデックス・オープン
・iシェアーズ 国内株式インデックス・ファンド)
・eMAXIS日経225インデックス

同じ指数をベンチマークとするインデックスファンドは、ほぼ同じ値動きをするので、実際に購入する際は、信託報酬や純資産総額などを参考に商品を選ぶことになります。
特に最も大きなコストがかかる信託報酬はしっかりチェックする必要があります。

インデックス投資の最近記事

  1. 優良インデックスファンド選びの3大ポイント

  2. インデックス投資に向いた証券口座とは

  3. インデックス投資は本当に「楽ちん」なのか?

  4. ドルコスト平均法のメリットとデメリット

  5. インデックス投資の3つの鉄則

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP