仕事や家事で忙しい人でもできる、長期投資、インデックス投資の方法をイチから解説します。

  1. インデックス投資
  2. 149 view

インデックス投資は投資初心者向け?

インデックス投資について知ること

この記事は、投資をまだ始めていない投資初心者の方へ、インデックス投資がどんな投資で、どんな特徴があるのか、インデックス投資のメリット・デメリットはなにかについて解説しています。

そして、投資初心者にとってインデックス投資は向いているのかについても書いてあります。
投資初心者にとって、「投資信託」や「インデックスファンド」といわれてもさっぱりわからないし、「かんたんにできる」、「ほったらかし」でOKといわれても恐怖感はあると思います。

この記事でインデックス投資について詳しく理解してもらい、あなたの投資を始めるきっかけになってくれればと思います。未来に向けてぜひ投資の一歩を踏み出しましょう。

インデックス投資とはどんな投資?

さて、まずはインデックス投資とはどんな投資なのか知ることから始めます。

インデックス投資とは、かずある投資手法の中の投資法のひとつです。主要な経済指標と連動するように運用されているインデックスファンドに対する投資のことです。

例えば最も有名な日経平均株価連動型のインデックスファンドであれば、日経225と呼ばれる主要225銘柄へ均等に投資をするので、その平均値は日経平均株価と全く同じになります。個人投資家の資金規模では225銘柄を均等に持つというのは難しいですが、投資信託であればそれが可能になります。

その国の株式市場、その国の不動産市場、その国の経済全体、といった具合に、個別の銘柄や投資商品ではなく、もっと大きなカテゴリー全体、そしてそれを示す経済指標に対する投資をするのがインデックス投資です。

インデックス投資の主な投資先

インデックスファンドとして運用されている投資信託はたくさんありますが、日本人投資家にとってなじみが深いのは、日経平均株価やTOPIXといった日本株と連動するものや、先進国の株式市場、債券市場と連動するものなどです。

バリエーションの豊富さが投資信託の売りなので、安定型だけでなく新興国の株式市場と連動したものなど、ハイリターンを狙ったものもたくさんあります。

投資信託にも、損失が出るリスクが高いけど利益を多く見込めるものもあれば、目指す利益は少ない代わりに損失が低く抑えられるものがあるのです。

そしてそれらの中から自分の目的やリスク強度に合わせて自分の投資する投資信託を選択していくわけです。

インデックス投資とアクティブ投資の違い

ところで、インデックス投資の「インデックス」というのはどういう意味なのでしょうか。インデックスとは英語で「指標」という意味で、日経平均株価やTOPIXといった指標に対する投資という意味から、インデックス投資と呼ばれています。

これに対してインデックスという平均値よりも高い運用成績を目指して投資対象を選ぶ投資のことを、アクティブ投資といいます。攻撃型の投資なので当然ながらハイリスクにもなり、負ける時のダメージ(損失)も大きくなることが前提です。

アクティブ投資が「リスクを冒してでも勝ちに行く」ことを目的としているのであれば、インデックス投資は「得られる報酬は高くないが、とにかく負けないこと」が目的の投資です。

インデックス投資のメリット3つ

インデックス投資には、投資に成功することに直接的な関わりのあるメリットが3つあります。

①インデックス投資手数料が安い
投資ではコストが収支に直結するので、少しでもコストの安い方法を選ぶのが鉄則です。その意味でインデックスファンドは投資信託で発生する信託報酬(運用するファンドマネージャーに支払う運用手数料)が安いという特徴があります。

より高い収益を狙うアクティブ型の投資信託だとファンドマネージャーの仕事も増えるので信託報酬も高くなりますが、インデックスファンドは指標と連動させるだけなので、その分報酬が安く設定されているのです。

②インデックス投資は投資対象が分かりやすい
投資初心者にとって投資が敬遠したくなる理由の大きなひとつ、それは銘柄を選ぶことです。投資家にとって株式市場に上場されている膨大な数の個別銘柄から投資先を選ぶのは、決して簡単な作業ではありません。

しかし、インデックス投資なら株に興味がないという方であっても、「株価が上昇している」ということはニュースで容易に知ることができます。それゆえ今後の動きについて何となく雰囲気を掴むのも簡単です。

インデックス投資は経済指標という誰もが簡単に知ることができる数字や市場全体の雰囲気を対象としているから、投資先の動向がとても分かりやすいのがメリットです。

③手軽な分散投資で安全性が高い
個別銘柄に集中投資をすると、その銘柄が急騰したら大きな利益を手にすることができます。しかしその反対も然りで、暴落したら資産を大きく減らしてしまいます。これは個別株投資と切っても切れない大きなリスクです。

こうした個別株投資に伴うリスクを軽減するのが分散投資ですが、インデックス投資は手軽かつ安価に分散投資ができる具体的な手段です。例えば日経平均株価連動型のインデックスファンドであれば225銘柄に投資しているのと同じなので、さすがにこれら225社が一斉に暴落するとなると、日本経済に致命的なダメージがない限り考えにくいでしょう。

しかし、個別銘柄であれば経営環境の悪化などを理由に暴落する危険性が日常的にあります。

リスク管理の基本である分散投資をこれだけ簡単に実践できるのはインデックス投資の特徴のひとつなので、これも投資初心者や手持ちの資金を危険に晒したくない投資家の方々にとって大きなメリットです。

インデックス投資のデメリット(そのままメリットにも転じる)

インデックス投資のデメリットとして考えられるものを2つ挙げてみましょう。メリットがある裏返しには、デメリットも必ずあります。とはいえこれらはそのままメリットでもあるのです。

デメリット①分散投資なのでハイリターンは期待できない
少ない資金を時間の力を使って少しずつ大きく増やしたいという方にとって、インデックス投資はとてもメリットがあります。しかし「短期間で(数日~数か月単位)」「大きく増やしたい」という方にとっては物足りないものに感じられるでしょう。

分散投資は有効なリスク管理の手法ですが、ローリスクであることはローリターンでもあります。インデックス投資はローリスクローリターンなのです。

短期間で利益を得たい場合の投資方法も売買のスピードが速いスイングトレードがなどがありますが、高度なスキルや経験も必要でリスクも正直に言って高めです。

逆にインデックス投資は、積み立ての継続と長期の運用さえできれば、リスクを大きく抑えつつ将来的には資産を大きく増やすことができます。インデックス投資のローリスク・ローリターンはそのままメリットでもあるのです。

デメリット②自動ゆえスキルは向上しにくい?

投資信託は投資対象が経済指標であり、その運用も投資信託なので、運用は投資を取り仕切るファンドマネージャー任せになります。そのため、投資家自身がすることはほとんどありません。ゆえに投資スキルの向上は見込みにくいでしょう。

しかし、投資のプロとまともにやり合うとどうしても不利になる投資初心者であっても、インデックス投資であれば条件が同じなので不利になることはありません。このことは投資の安全性を考えると非常に大きなメリットなのです。

それに、投資スキルは向上しなくとも、社会の経済動向や自分の家計管理に対する意識や関心は投資を始めることで大きく向上します。このことは単に投資をする以上にずっと大事なことなのです。

インデックス投資は結論としてアリ?

それでは、「結局のところ、インデックス投資はアリなのか?」というシンプルな答えを出しましょう。

投資の初心者や投資にそれほど多くの金額を用意できない人にとって、インデックス投資はもちろんありです。

インデックス投資を初心者が始めるのにいい理由を、復習も兼ねてもういちど書きます。

①経済指標への投資なので分散効果が高く安全である
②投資信託なので少額から、積み立て投資として始められる
③時間と手間が不要。投資先の会社の業績予想や決算発表に毎日目を通す必要がない。

これらの理由はいずれも、投資初心者で投資金が少ない方にとって最もメリットが発揮されるものです。

投資初心者や未経験の方はもちろん、これまで個別の銘柄投資やFX等で失敗した人にもインデックス投資は十分に検討に値するでしょう。

インデックス投資の最近記事

  1. 優良インデックスファンド選びの3大ポイント

  2. インデックス投資に向いた証券口座とは

  3. インデックス投資は本当に「楽ちん」なのか?

  4. ドルコスト平均法のメリットとデメリット

  5. インデックス投資の3つの鉄則

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP