仕事や家事で忙しい人でもできる、長期投資、インデックス投資の方法をイチから解説します。

  1. インデックス投資
  2. 5 view

日本人のお金観と投資マインド

日本人とお金と投資


日本人は投資というと、まだまだ「怪しい話なんじゃないの」とか「お金の話なんてなんだかイヤだわ」とか「お金儲けなんてしなくても…」なんて、どこかお金を稼ぐことに否定的で、汚いイメージで、話すことはどこかタブーな感じすらあります。

近年、NISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(確定拠出型年金)など国を挙げて、投資・資産運用をする人を後押しする制度が固まりつつあり、政府が宣伝を懸命にしていることもあって、少しずつ投資も一般的なものになってはいます。しかし、まだまだ日本人が持つお金やお金に対する否定的なイメージはあるようです。そこには大きな誤解もあり実は日本人こそ、お金が大好きであり、これからは個人が投資を積極的にすべきなのです。

今回はそんなお金と日本人の関係をお話しして、お金に対する考え方をシフトして頂き、より投資に積極的になれるようなテーマにしていきたいと思います。お金についてしっかりと考えていくためには、私たちが日ごろ、お金というものをどう捉えているのか、より知っておくことが必要でしょう。

8割の学生が「お金儲け=悪」と考えている


よく言われることですが、日本人はお金に対して良いイメージを持っていません。自分の年収や貯蓄額を人に公言する人は少ないですし、「お金の話をすること自体、はばかられる」という人も少なくないのではないでしょうか?お金の話になるとなぜか小声になる人もおり、それもなんとなく、お金に対するイメージが良くないからでしょう。

そして、「投資」や「お金儲け」ともなると、「汚い・不潔」「怖い」「腹黒い・ブラック・暗い」「ズルい・他人を蹴落とす」「悪い」「賭け事・ギャンブル」「がめつい」etc..
といった、ネガティブなイメージを持っている人がほとんどです。言葉には出さなくても、心の底ではそう思っているのです。

とある大学の商学部の学生にアンケートを取ってみると、なんと8割の学生が「投資=ダーティー」「お金儲け=悪」だと思っている、という結果があります。これって実はとても衝撃的なことです。

ビジネスのことについて学んでいる商学部の学生でそのような結果なのですから、文学部や法学部の学生になると、もっと悪いイメージを持っている率が高くなるに違いありません。「将来は起業したい!」「ベンチャー企業に入りたい!」と宣言する学生も、「金儲けがしたい!」「たくさんお金を稼ぎたい」とはけして口にせず、「起業して社会貢献ができて、社員がつつましく暮らせれば、別に儲からなくてもいい」などと言います。みんな、「お金を稼ぐ」ということに対して、あまり良いイメージは持っていないのです。

特にこの傾向は地方に行くほど強くなり、投資の営業マンが地方に出向いて投資話を年配の方にすると「人間は汗水たらして真面目に働かないとダメでしょ」と、お叱りを受けることすらあります。日本人は総じて、老若男女を問わず、お金に対して良いイメージは持っていないのです。しかし、良いイメージを持っていないからといって、彼らはお金が嫌いなわけではないのです。むしろ日本人は、お金が大好きな民族です。ただし大好きといっても、「お金を貯めることが」と言えそうですが。

世界の預金・貯蓄比率からわかる「日本人の現金好き」


実は、日本人の個人金融資産の比率は、現金・預金の比率が突出して高く、その比率は実に55.5%にもなります。他の国の個人金融資産の比率は、アメリカでは現金・預金の比率は15・3%、イギリスが32.2%、ドイツが39.4%、フランスが31.3%ですから、日本が断トツで高いことがわかります。そして他の国は預金や現金が低い分、そのお金はどこに入るのかというと、有価証券や株式といった「投資」の比率が高いのです。これって逆に言うと、日本人はお金を投資に回している比率が一番低いのです。

このデータからわかることは、ずばり、日本人はお金が大好きだということです。現金と預金が大好き、と言ったほうがより正確かも知れません。お金が好きといっても、お金を使うのが好きというわけではありません。何かを消費するわけでも、株式などに投資するわけでもなく、現金や預金として、お金を自分の懐に貯め込むのが大好きなのですから、「お金そのもの」が大好きなのです。手元にたくさん置いておきたいのです。

日本の個人金融資産は総額1400兆円だと言われていますが、そのうちの半分強、800兆円もの莫大なお金が、預金と現金なんですね。貯蓄型の生命保険も含めると、それ以上のお金が、全く使用されずに眠っていることになります。これは、他国に比べれば信じられないことでもあります。

日本人の貯金好きには国の方針も関係している


日本人が投資を積極的にせず、貯金ばかりしているのは日本の財政事情も関係しています。日本では、お金のことについて学ぶ機会がとても少ないです。学校の授業でも、金融について勉強することはほとんどありません。これほど勉強する機会が少ないのは、「国の方針」が大きく関係しています。その理由を以下で説明していきます。

国は銀行やゆうちょなどの金融機関からお金を借りています。そしてそれは、私たち国民が預けたお金です。つまり、「国は金融機関を通して、国民から間接的に借金をしている」ということになります。国が借金をしているのは、日本の財政が悪化の一途を辿っているからです。莫大な借金をし続けなければ、国家を運営することができないほど悪い状態なのです。

このような現状のため、国民には金融機関にお金を預けてもらう必要があります。そうしてもらわなければ、国はお金を借りることができなくなり、国家予算を捻出できなくなってしまうのです。国は国で、日本の財政を維持するために必死になっているということです。

国はさまざまな手段を使って、国民に「預貯金は安全。投資や資産運用は危険」というイメージを植え付けています。そう思い込ませることで、お金の勉強をしないように仕向けているのです。

ただ、国の方針も最初から間違っていたわけではありません。高度経済成長期の頃は、預貯金をするだけで勝手に資産が増えていきました。しかし、バブルが弾け、不景気が続いてからも、当初の方針を変更することはありませんでした。不景気になる前は、国にとっても国民にとっても預貯金をすることのメリットは大きかったのです。それがいつしか、国のメリットだけを優先するようになっていきました。それほど、日本の財政は悪いということです。

わたしたちは小さい頃からこのように教育されているため、国民はなんの疑問も持たずにお給料などを預貯金をするようになりました。お金があるほど、その国の力は強くなります。アメリカや中国が良い例です。どの国も、自国から他国にお金が流れることは避けたいのです。

日本と海外の投資教育の違い


日本のお金教育について書きましたが、それでは、他の国はどうなっているのでしょうか? 外国では、幼少期から積極的に「お金の勉強」をさせています。

例えば、アメリカの小学校ではカリキュラムになんと「投資の授業」が含まれています。教育法でも、「アメリカ人はすべからく経済教育を受ける権利と義務がある」と制定されています。小学校からの教育もあり実際に、若い頃から投資を始める学生も珍しくありません。資本経済大国のアメリカならば納得ですね。イギリスでも、中学校で「経済や金融の教育」を受けます。イギリスでは「経済や金融の知識が、人間力の一つになる」と考えられているのです。ちなみに日本で2014年に始まったNISA(少額投資非課税制度)という税制優遇制度はイギリスの制度であるISA(個人貯蓄口座)を参考にしています。
[blogcard url=”http://investx3.blog/index-fund-asset-management/isa-nisa-tax/”]

このように海外では、「将来の資産形成は国に任せるのではなく、自分自身で行う」という考え方が国民に浸透しています。そのため、お金の教育に力を入れる国が多いのです。

以上のように、私たち日本人はお金の教育を十分に受けていません。このまま何もしなければ、資産を増やす機会を失うだけです。そうならないためにも、「お金の知識」を身に付け、将来に向けて資産を形成していかなくてはならないのです。

お金について向き合って考えることから投資は始まる


ところで、貯め込まれた莫大な現金・預金はそのまま銀行や財布やタンスに大事にしまわれていて、そのお金がそのまま人を幸せにしたり、新しい価値をを生みだしたりするのでしょうか?答えはやはり、なにも生まれないということになるのではないでしょうか。

お金というもの自体は、言ってみればただの紙であり、ただの金属でありただのモノです。お金は、お店とサービスや商品と交換することではじめて価値が生まれます。そしてなんらかの価値が発生して、人はその価値に幸せを感じます。

たとえば何かのサービスやモノと引き換えに払われたそのお金は誰かの受け取る給料になり、明日も明後日もそのお金で生活ができるという安心になるでしょう。そのお金は命をつなぐ食べものに代わり、美味しいものを食べる喜びへと代わるでしょう。あるいはそのお金が生活を支える電気代やガス代に代わるでしょう。また、そのお金はそれぞれの人の好きなこと、趣味に必要なお金になり、その人の人生ををより幸福にするでしょう。

ここで投資の意味を振り返って見ます。投資を通じて会社の株を買うということは、その会社に出資して経営に参加するということ、会社の経営を応援するということです。投資によって集まったお金は会社によっていろんな目的で使われます。人件費として人を雇うために使ったり、設備投資をしたり、会社の借金を返すことなどに使われます。

こうして使われたお金は社員の給料になり、設備投資に関係した人の手に渡り、返された借金だってそれはまた誰かに渡ります。そうして渡ったお金が人をまた幸せにします。もちろん、こうした会社の活動は様々な商品やサービスを生み出し、それがまた人々に価値を与え幸せにします。

食品会社ならば食べる楽しみを、自動車会社なら車に乗る快適さや喜びを、おもちゃ会社なら子どもたちにワクワクを、出版社なら人に知識を得る喜びや感動を、不動産会社なら住みたい家に住む喜びを、創っていきます。そうやってあらゆる会社はあらゆる喜びを作っていきます。

株式投資というのは、もちろん個人が収入を上げるための手段として使ってよいのですが、それだけではない。とても大事な側面を持っていてそれは、切っても切り離せないものなのです。

これからは貯金だけでなく投資もしていく時代


私はこの話をして、貯金が悪いという話をしたいわけではもちろんありません。いざという時のためにお金をある程度とって置きたいのは誰もが思うことだし、安心や幸福を得るために必要なことでもあります。むしろ投資家にとって、ある程度の貯金が築けることは、資金管理のスキルとして大事な技術でもあります。

ここで言いたいのは、ただお金をため込むばかりではお金本来の力を使えずに、ただお金の力を眠らせているだけだということです。そうではなく、お金をなんらかの形で使うことでその力をもっと有効に使うことが必要だということです。そのために、投資という手段はとても大事な役割を担っているのです。

そして、その投資としてインデックス投資をわたしは皆さんにおすすめしています。インデックス投資は、少額でも今から始めることができ、長期の分散投資をすることでリスクを抑えながら確実に稼ぐことのできる投資法です。インデックス投資で将来の老後資産形成を開始していくことは、自分のためばかりではなく多くの企業に投資をすることで、経済の発展に貢献することでもあるのです。そしてそれは確実に私たち個人投資家ができる重要な社会貢献なのです。
[blogcard url=”http://investx3.blog/index-foundation/index-invest-overview/”]

インデックス投資の最近記事

  1. 優良インデックスファンド選びの3大ポイント

  2. インデックス投資に向いた証券口座とは

  3. インデックス投資は本当に「楽ちん」なのか?

  4. ドルコスト平均法のメリットとデメリット

  5. インデックス投資の3つの鉄則

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP