仕事や家事で忙しい人でもできる、長期投資、インデックス投資の方法をイチから解説します。

  1. インデックス投資
  2. 15 view

シンプルインデックス投資なら全世界型インデックスファンド

インデックス投資は分散投資がキモ

インデックス投資において最大の特徴と言ってもいいのが「分散投資」です。

分散投資によって、投資における「一極集中リスク」を避けることができます。
また、分散投資によって世界中の株式や債券に同時に投資運用できます。

インデックス投資においてはいくつかの資産クラス(株式や債券、不動産などの投資対象の違いのこと)の投資信託を組み合わせて購入すれば分散投資ができます。
資産クラスを組み合わせたら、あとは定期的に決まった額で毎月積み立て投資をし続ける。これがインデックス投資のほぼすべてのステップです。

しかし、人によってはステップをもっとシンプルにしてさらに管理を楽にしたいという人もいるでしょう。

そんな人にお勧めなのが、インデックスファンドの中でも「全世界型」と呼ばれるインデックスファンドに投資することです。

「全世界型」のインデックスファンドを使うことで、資産クラスを考えて組み合わせたり、リバランスをしたりといった手間が省けます。

「全世界型」のインデックスファンドで運用すれば、もともと楽なインデックス投資をさらにシンプルに楽にすることができます。

投資の「資産クラス」とはなに

それでは次に、投資の世界における「資産クラス」という用語について解説していきます。

資産クラス(またはアセットクラス)とは、投資対象となる資産の種類や分類のことです。 株式、債券、不動産、貴金属、現預金などがアセットクラスとされており、近年では新たなアセットクラスとしてヘッジファンド、プライベートエクイティなどオルタナティブ(代替)投資なども対象とされています。

インデックス投資では、資産クラスをうまく組み合わせることでリスク分散と期待リターンを確率的にコントロールすることができます。

インデックス投資の資産クラスを組むのが面倒なら

インデックス投資をする上で資産クラスの組み合わせにはたくさんの考え方があります。その中でも「日本株式」「海外株式」「日本債券」「海外債券」は基本として取り入れられることがセオリーです。

最適な資産クラスの比率はもちろん計算すれば出すことができます。が、わざわざ計算してさらに具体的な投資信託を選ぶのが面倒だったり、ハードルが高いという人もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、「全世界型」のインデックスファンド(投資信託)を使ったインデックス投資です。

全世界型のインデックスファンドは、日本を含めた世界中の株式や債券を運用のプロが計算して、独自に組み合わせた投資信託です。

この一本を選んで積み立て投資すれば、複数の資産クラスの投資信託を自分で組み合わせることなく、世界中に分散投資が可能です。

では次の章では、具体的なおすすめ全世界型のインデックスファンドを紹介します。

シンプルインデックス投資のおすすめファンド2つ

 

おススメ全世界型インデックスファンド其の①
楽天・全世界株式インデックス・ファンド

楽天・全世界株式インデックス・ファンドは楽天証券で買える全世界型のインデックスファンドです。このインデックスファンドの特徴のひとつは世界の様々な銘柄に投資できることです。

このファンドが投資対象とするETF(上場投資信託)は、全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上をカバーしており、その中には超有名企業などの大型株や、成長性の高い中小型株も含まれており、世界経済全体に投資するようなイメージで投資ができます。

さらにもうひとつの特徴を説明します。それは低コストであることです。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドはインデックスファンドということもあり、運用コストが最小限に抑えられていることも嬉しいポイントです。
コスト、特に信託報酬コストは数十年という長い目で見ると、投資効果に大きな影響を与えるため、低いコストで全世界に投資ができることは大きな特徴と言えます。

おススメ全世界型インデックスファンド其の②
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
先進国も新興国も含めて、世界中の資産に分散投資をしたい方におすすめな全世界株式クラスとしてもうひとつのおすすめ。
それが「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」です。

日本を含む、先進国及び新興国の株式などに投資し、MSCIオール・カントリー・ワールドインデックスに連動する投資成果を目指して運用しています。

このインデックスファンドのいいところは何といっても、運用会社の三菱UFJ投信が、「将来的に業界最低基準の運用コストを目指し続ける」と明言していることです。
このため、このファンドであれば、今後も運用コストのさらなる改善が長い目で期待でき、運用も安心してできます。

おススメ全世界型インデックスファンド其の③
野村つみたて外国株投信(日本除く全
世界)
日本を除く全世界株式クラスでは、「野村つみたて外国株投信」が、実質コスト面など総合的に優秀でおすすめできます。投資家の間では安定した運用実績もいぶし銀の評価を獲得しています。

この記事でおすすめしているように、全世界型株式クラスのインデックスファンドはこの一本運用することもできます(日本株式には投資しないなら)。
または、このファンドに日本株式クラスのインデックスファンドを組み合わせた2本立ての運用スタイルで、世界の株式時価総額比率(世界市場ポートフォリオ)で簡単に運用できることがアピールポイントとなっています。

野村つみたて外国株投信は堅実を志向する長期的な投資に向いた投資信託と言えそうです。

インデックス投資の最近記事

  1. 優良インデックスファンド選びの3大ポイント

  2. インデックス投資に向いた証券口座とは

  3. インデックス投資は本当に「楽ちん」なのか?

  4. ドルコスト平均法のメリットとデメリット

  5. インデックス投資の3つの鉄則

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP